東京女子医科大学 放射線腫瘍学講座

放射線治療について

粒子線治療

粒子線治療とは

 放射線治療で通常用いられているのは高エネルギーエックス線ですが、粒子線治療とは、サイクロトロンやシンクロトロンなどの大型加速器から得られる陽子、炭素イオンなどの重粒子を用いた放射線治療です。
 利用する粒子の種類によって、陽子線治療、重粒子線治療、中性子線治療などにわけられます。
 現在、おもに行われているのは陽子線治療と重粒子線治療(炭素イオン線治療)です。これらの放射線は、一定の深さ以上には進まず、ある深さで最も強く作用する特徴があるため病巣に線量を集中させやすい利点があります。生物学的な効果は陽子線ではエックス線の1.1倍、重粒子線では約3倍です。
 粒子線治療は、2003年10月に高度先進医療として認可され、現在は臨床試験あるいは先進医療として行われていますが、2016年4月以降、一部のがんで健康保険の適用が検討されています。

陽子線治療

 線量の集中性が良く生物学的な効果はエックス線の1.1倍なので、従来のエックス線治療と同様に施行できることが利点です。
 頭蓋底腫瘍、頭頸部がん、肺がん、肝細胞がん、前立腺がん、小児がんなどで臨床使用され、最も多く使用されている粒子線です。
 2015年8月現在稼働中の国内の陽子線治療施設は、10か所、東京近辺では国立がんセンター東病院、筑波大学陽子線医学利用研究センター、静岡がんセンターなどです。

重粒子線治療(炭素イオン線治療)

 線量の集中性が良く生物学的な効果が高いので、従来、放射線治療が苦手としていたがんにも有効です。
 例えば、骨肉腫などの骨軟部肉腫、悪性黒色腫や腺癌などの頭頸部腫瘍、眼の悪性黒色腫、膵がん、直腸がん術後局所再発、高リスク前立腺がん、局所進行子宮頸部腺がん、頭蓋底腫瘍などです。照射期間の短縮も可能で、I期の非小細胞肺がんでは1回、肝がんでは2回などの照射も行っており、前立腺がんでの3週間で治療できる。
 2015年8月現在稼働中の我が国の重粒子線治療は、4か所、東京近辺では放射線医学総合研究所、群馬大学粒子線治療センターです。

ホウ素中性子捕捉療法

 腫瘍内投与されたホウ素と、原子炉から発生する中性子との核反応によって発生するα線とリチウム原子核とを利用する治療方法である。悪性神経膠芽腫や、悪性黒色腫の治療が試みられていますが、まだ研究段階です。

 東京女子医大放射線腫瘍科では、重粒子線治療の受診相談を行って、適応がある方は放射線医学総合研究所にご紹介しています。
 ご希望の方は、唐澤教授の外来をご予約下さい。


PAGE TOP